メインメニュー
コンテンツ
ナガオイズム
教官のつぶやき
教育実践
- プログラミングコンテスト
- 全国高専における情報教育活動
- 地域に対する情報処理教育支援
マスコミ時評(愛媛新聞)
プロフィール
プログラミングメモ
ドリトル:サンプルプログラム
ドリトル:大西中学校
授業関係
ききまつがい・いいまつがい
今自分にできること
またもHP引っ越し
長尾研究室サーバに不具合が生じたため、HPの移植を行いました。
前回はNetCommonsを実験的に導入しましたが、Xoops+Xiggで構築です。
#あるサイト構築の実験のためなんですが・・・

こんな調子では、内容の充実はいつまでもできそうにありません。
ホームXigg › 教育実践

教育実践

RSS feed
検索:
8件中18件目を表示 並べ替え:

全国高専における情報教育活動: 高専情報処理教育研究発表会での実践報告

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 14:11 | 公開日時: 2008-11-30 14:11 | 閲覧: 5586回
タグ:

高等専門学校協会連合会主催の情報処理教育研究発表会に積極的に参加し、ネットワーク管理や情報処理教育に関する事例報告を行っている。
現在までに累積発表回数は19回となっている。

 続き...

http://www.procon.gr.jp/

プログラミングコンテスト: プログラミングコンテスト

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 14:03 | 公開日時: 2008-11-30 14:03 | 閲覧: 5382回
タグ:
http://www.procon.gr.jp/

高専における情報処理教育では実践的なプログラム開発が必要であると考え、授業内でのプログラム演習やクラブ(マイコン部)の活動を通して、学生のプログラム開発の指導を行ってきました。全国高専プログラミングコンテストが創設されてからは、コンテストへの応募を目標の一つとして活動を行っています。

当初は予選通過もできませんでしたが、第5回大会(1994)から今大会(第19回2008)まで、一指導教員としてチームの指導にかかわっております。

また、第12回大会(2001)からはプロコン実行委員として、プロコンの運営にもかかわっており、現在は企画部会チーフとして、部門における課題設定や、公式サイトの構築などの作業を行っています。

 続き...

地域に対する情報処理教育支援: IT講習会・公開講座・技術相談窓口

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 14:46 | 公開日時: 2008-11-30 14:46 | 閲覧: 5250回
タグ:

瀬戸内の離島に位置する本校は、地域の高等教育機関としての期待も担っている。
筆者は赴任時から、情報工学専門教員としてネットワーク管理など、情報処理教育センターの業務に従事している。

その中で地域サービスの一環として、町役場や地元住民からのコンピュータに関する技術相談や講習会を積極的に行っている。
 続き...

地域に対する情報処理教育支援: CATVインターネット事業への協力

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 14:27 | 公開日時: 2008-11-30 14:27 | 閲覧: 5205回
タグ:

本校の位置する弓削島は、その立地条件からネットワークインフラの整備が大きく立ち遅れていた。平成8年に弓削町(現上島町)の進めていた難視聴地域解消のためのCATV整備事業と本校の校内ネットワークと連携して、当時全国的にも珍しかったCATVインターネットを実験的に立ち上げ、3年間試験免許による運用を行った。 続き...

全国高専における情報教育活動: E-learingに関する活動で文部科学大臣賞を受賞

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 14:21 | 公開日時: 2008-11-30 14:21 | 閲覧: 4815回
タグ:

8月18日(月)・19日(火)に東京・学術総合センター一橋講堂で行われました国立高等専門学校機構主催平成20年度教育教員研究集会において、平成17・18・19年度に実施した現代GP「創造性豊かな実践的技術者育成コースの開発」の取り組みについて、取組代表者の高知高専 今井一雅教授が事例発表を行い、文部科学大臣賞を受賞しました。

 受賞題目:「現代GPによるe-Learning創造性教育コースの開発

 著者:今井一雅、長尾和彦、金寺 登、森 重雄、山崎 誠、渡辺誠一、仲野 巧、真鍋克也、松野良信、白濱成希、長谷川勇治、須田 猛

プログラミングコンテスト: コンテストを通した人間教育

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 13:49 | 公開日時: 2008-11-30 13:49 | 閲覧: 4917回
タグ:

プロコンでは、メンバーが互いに協力して、1つの目標を目指して努力しなければならない。そのため、メンバー間でのコミュニケーションや思いやり、すなわちチームワークが極めて重要となる 続き...

プログラミングコンテスト: コンテスト指導から生まれたE-learning教材

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-10-27 19:09 | 公開日時: 2008-10-27 19:09 | 閲覧: 5049回
タグ:

プロコンにおける学生指導はプロジェクト管理のノウハウの蓄積の歴史でもある。
プロジェクト管理は情報工学における重要な要素であり、実践的教育を目指す高専においても今後重点的に教育を行うべき分野である。

本校におけるプロジェクト管理をE-learning教材としてまとめ、プロコンに参加する学生・指導教員や卒業研究活動、社内研修などに活用してもらうことを目的として、「ソフトウェア開発におけるプロジェクト管理とプレゼンテーション」(メディア教育開発センター・丸善出版)をプロコン実行委員と協力して作成した。

232.jpg

「ソフトウェア開発におけるプロジェクト管理とプレゼンテーション」 

また、高専間で連携して創造性教育を推進するためのプロジェクト(現代GP採択)
に参加し、プロジェクト管理手法入門コースの開発を行った。

http://kosen-e.jp/

プログラミングコンテスト: コンテスト学生指導で最優秀賞(文部科学大臣賞)6度受賞

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-10-27 18:51 | 公開日時: 2008-10-27 18:51 | 閲覧: 6319回
タグ:

創造性教育の一環として全国高専プロコンを位置づけ、プロコンに参加する学生を第1回(1990)から本年まで18年にわたって指導してきた。第5回大会(1994)から連続して本選参加を果たしている。特に第11回大会からは、応募した作品がすべて予選通過をしており、本校の企画力、プレゼンテーション能力の向上に貢献している。
この間、一位に相当する最優秀賞(文部科学大臣賞)を6回、第二位に相当する優秀賞を2回審査員特別賞を5回受賞させた。

課題・自由部門でダブル優勝という快挙を2回達成しており、プログラミングに強い高専という評価を確立した。

 続き...