メインメニュー
コンテンツ
ナガオイズム
教官のつぶやき
教育実践
- プログラミングコンテスト
- 全国高専における情報教育活動
- 地域に対する情報処理教育支援
マスコミ時評(愛媛新聞)
プロフィール
プログラミングメモ
ドリトル:サンプルプログラム
ドリトル:大西中学校
授業関係
ききまつがい・いいまつがい
今自分にできること
またもHP引っ越し
長尾研究室サーバに不具合が生じたため、HPの移植を行いました。
前回はNetCommonsを実験的に導入しましたが、Xoops+Xiggで構築です。
#あるサイト構築の実験のためなんですが・・・

こんな調子では、内容の充実はいつまでもできそうにありません。
ホームXiggナガオイズム › バックアップはとっておけ

バックアップはとっておけ

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-10-27 15:40 | 公開日時: 2008-10-27 15:40 | 閲覧: 6663回
タグ:
締め切り前の修羅場ではいつも想像しないようなことが起こる。
ある年は、朝学校にくると置手紙があった。
「教官、コンピュータが動かなくなりました。助けてください。」

システムはハングアップし、9割方完成したポスター原稿が画面で輝いていた。
両手を合わせて、再起動をかける。
保存は...なかった。
2日間かけた作品を、ゼロから作り直すことになった。2時間で仕上がった。
別の年(この年はいろいろと逸話の多い年で、プロコン指導の楽しさを確立した年でした)、女の子が叫んだ。
み「あれ、あたしなにやってるんだろ」
教「どうしたの」
み「なんだかわからないけど、知らない文章が書いてあるんですよ。ねえ、だれかいじった。」
し・て「しらねーよ。ねぼけたんじゃないの。」
み「どうしよう、元はなんだったかな。なおせるかな」

・・・しばらくして・・・

み「あれ、あたし寝てた?」
し・て「マウスいじってたでしょ?」
み「え、本当?おかしいな」
直後に、強制収容して仮眠室に向かわせたことは言うまでもない。

コメント(0)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed