メインメニュー
コンテンツ
ナガオイズム
教官のつぶやき
教育実践
- プログラミングコンテスト
- 全国高専における情報教育活動
- 地域に対する情報処理教育支援
マスコミ時評(愛媛新聞)
プロフィール
プログラミングメモ
ドリトル:サンプルプログラム
ドリトル:大西中学校
授業関係
ききまつがい・いいまつがい
今自分にできること
またもHP引っ越し
長尾研究室サーバに不具合が生じたため、HPの移植を行いました。
前回はNetCommonsを実験的に導入しましたが、Xoops+Xiggで構築です。
#あるサイト構築の実験のためなんですが・・・

こんな調子では、内容の充実はいつまでもできそうにありません。
ホームXiggナガオイズム › 心配いらん!敵はコンピュータウィルスのみだ

心配いらん!敵はコンピュータウィルスのみだ

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-10-27 16:02 | 公開日時: 2008-10-27 16:02 | 閲覧: 4162回
タグ:
プロコンを1週間前に控えて、ついに合宿をせざる得なくなりました。
※今年の合宿では、いろいろとトラブルもあったけれどそれは別の機会に…
食糧事情もしっかりしていて、どうにか乗り越えられるかと思っていたのですが、荷物の搬送のために泊り込んだときに、風邪が研究室に持ち込まれてしまいました。
部長はじめ数名の学生が調子が悪いと不調を訴えはじめます。

『教官!このようすじゃ明日あたりに熱が出そうです!』

(仕事も完了していないのに、そんなに弱気でいいのかおまえ!?)

で、この一言。今考えると冷たいね。

結局、プロコン本選時に部長とY根さんが熱発でダウン。教官も咳が出始めて2日目には声の調子も悪くなった。それでも、みんながんばったんです。誰も弱音をはかなかった。最後の最後まで笑顔で真剣にプレゼンにデモに取り組んだのです。

プロコンには結果が付きまといます。成績はそのときの運次第であり、努力がそのまま成績に反映されるわけではありません。ですから、結果だけをみてどうこうと批判したり、評価したりすることを私は許しません。

彼らこそ私にとってのかけがえのないヒーローであり、ヒロインです。ありがとう&お疲れさま

2003.10.08

コメント(0)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed