メインメニュー
コンテンツ
ナガオイズム
教官のつぶやき
教育実践
- プログラミングコンテスト
- 全国高専における情報教育活動
- 地域に対する情報処理教育支援
マスコミ時評(愛媛新聞)
プロフィール
プログラミングメモ
ドリトル:サンプルプログラム
ドリトル:大西中学校
授業関係
ききまつがい・いいまつがい
今自分にできること
またもHP引っ越し
長尾研究室サーバに不具合が生じたため、HPの移植を行いました。
前回はNetCommonsを実験的に導入しましたが、Xoops+Xiggで構築です。
#あるサイト構築の実験のためなんですが・・・

こんな調子では、内容の充実はいつまでもできそうにありません。
ホームXigg教官のつぶやき › 5年ぶり!プロコンで最優秀賞&文部科学大臣賞

- Official Site

5年ぶり!プロコンで最優秀賞&文部科学大臣賞

投稿者: nagao | 投稿日時: 2012-10-24 17:12 | 公開日時: 2012-10-24 17:12 | 閲覧: 3413回
タグ:
http://www.procon.gr.jp
 10月13、14日、大牟田文化会館(福岡県大牟田市・主管校有明高専)で全国高専プログラミングコンテストが開催されました。
プログラミングコンテストは、高専生を対象としたICT技術に関する作品を競う大会です。
本校からは、6月の予選を勝ち抜いた課題、自由、競技の3部門に各1チームが本選に参加しました。

その中で、課題部門の作品が最優秀賞・文部科学大臣賞に輝きました。本校の同賞受賞は9回目になります。
各部門の結果について

■課題部門 「healTeethー歯みがきで磨く明るい未来ー」

最優秀賞・文部科学大臣賞

healTeethは、歯みがきの大切さを子供から高齢者まで伝え、歯みがき支援、健康管理を目的としたシステムです。口腔衛生に目的をしぼったシステムの提案が高く評価されました。

■自由部門 「Femtoーストレスフリーのファイル整理術ー」

敢闘賞

自由部門「Femto」はPCによるフォルダを用いたファイル管理の方法を改善しようとするシステムです。これまで多くの製品が提案され、失敗している分野に果敢にチャレンジし、将来性が期待されます。

■競技部門

第1回戦(5位)敗者復活戦(4位)

物体の周りに積み上げられた大中小のさいころをコンピュータを用いて数えるという競技です。複雑な画像処理技術が必要となるため、非常に難しい問題となりました。
本校チームは健闘したものの勝ち進むことはできませんでした。

コメント(0)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed