メインメニュー
コンテンツ
ナガオイズム
教官のつぶやき
教育実践
- プログラミングコンテスト
- 全国高専における情報教育活動
- 地域に対する情報処理教育支援
マスコミ時評(愛媛新聞)
プロフィール
プログラミングメモ
ドリトル:サンプルプログラム
ドリトル:大西中学校
授業関係
ききまつがい・いいまつがい
今自分にできること
またもHP引っ越し
長尾研究室サーバに不具合が生じたため、HPの移植を行いました。
前回はNetCommonsを実験的に導入しましたが、Xoops+Xiggで構築です。
#あるサイト構築の実験のためなんですが・・・

こんな調子では、内容の充実はいつまでもできそうにありません。
ホームXigg教育実践プログラミングコンテスト › コンテストを通した人間教育

コンテストを通した人間教育

投稿者: nagao | 投稿日時: 2008-11-30 13:49 | 公開日時: 2008-11-30 13:49 | 閲覧: 4734回
タグ:
プロコンでは、メンバーが互いに協力して、1つの目標を目指して努力しなければならない。そのため、メンバー間でのコミュニケーションや思いやり、すなわちチームワークが極めて重要となる
  • XP手法の導入
    本校では、プログラム開発にXP(extreme programing)手法を採用し、ミーティングやペアプログラミングによって、作業状況を全員が共有できるように配慮した開発体制をとっている。
    これにより、互いに作業の遅れているメンバに対して、自然とフォローができるようになっている。
  • 本選に挑む姿勢
    本選参加にあたっては、多くの方々の協力により、コンテストが実施されていることを十分に伝え、見学者に対して積極的に説明させてもらうように指導を行っている。誰に対しても、一生懸命に説明をする姿勢は、好感を持たれているようである。
    本選終了時には、「来たときよりも美しく」をモットーにして、会場周辺の清掃活動を行ってきた。近年、他のチームも終了後の清掃に協力してくれるようになった。本校の活動が、浸透したことに感激している。

    プロコンは、システムだけでなく、チームワークを作る。

コメント(0)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed